うまく勧誘を断りきれなかったときにどうするか?

脱毛サロンの勧誘を上手く断りたい

勧誘を断る女性
勧誘を上手に断ろうと頑張ってはみたけれど、結局は相手側の勢いなどに押されてしまってついつい契約をしてしまった。

そんなときにもう契約の解約はできないのでしょうか? 契約する前にうまく断れなかった側が悪いのでしょうか?

そんなことはありません。 契約を解除できる方法はあります。

クーリングオフ制度

一つはクーリングオフ制度です。この制度は違約金や解約金の支払いなしにこちら側の一方的な意思表示で契約を解除できる制度であります。

制度対象

契約期間1カ月を超える

契約金額5万円を超える

手続きの期限契約書類を受け取った日から8日間

となっており、行使できる期間は早いですが、契約して解除したいときにはすぐに行うことが必要です。

行使方法

解約する旨の通知書を相手方に送付するだけで大丈夫です。文例はインターネットなどから引用してみるといいでしょう。
送る際には送付、到着の記録が残る「特定記録郵便」「簡易書留」でやりましょう。

これは、悪質サロンなどの言い訳を防ぐためです。相手によっては手紙自体が「届いてない」と主張してくることもあるようですが、

そういったことは記録によって言い逃れできないようにするのです。

色々と不安がある場合には消費者センターなどに相談をして契約を解除してもらう為の条件などを検討してみるといいでしょう。

色々なアドバイスと文書作成のサポートなどいろいろできますので、安心しながら解約手続きに行けると思います。