埋没毛ができる原因と肌の保湿が重要となる埋没毛の処理について

埋没毛について

埋没毛について考える女性
埋没毛は誤った自己処理のやり方が原因であり、埋没毛を放置すると肌が色素沈着や毛嚢炎を起こすことになります。

さらに、毛抜きや脱毛ワックスといった無駄毛を抜く自己処理は、誤った自己処理になりやすい傾向があります。

なぜなら、毛を抜く自己処理は肌を保湿しても肌を傷つけやすい上に、肌が角質化しやすくなるからです。

そのため、埋没毛を予防する場合は毛を抜く自己処理を行わないようにするのがお勧めとなります。

また、剃刀による自己処理は肌の保湿を行わずに毛を剃ったり、肌が乾燥した状態で剃ることで埋没毛になる原因に繋がります。

埋没毛は脇や足といった濃い毛が生える部位に出来やすいので、放置するとニキビや黒ずみが出来やすくなります。

なので、剃刀による自己処理に拘る際は、剃る前と剃った後に必ず肌を保湿することが重要になります。

とはいえ、剃刀では埋没毛を処理できないので、埋没毛を処理するならばスクラブやピーリングによる自己処理がお勧めになります。

スクラブやピーリングであれば、剃刀と違って肌の角質を取り除きつつ、埋没毛を肌の表面に出すことが可能となります。

クリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧め

費用に余裕がある場合はクリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めとなります。

レーザー脱毛は、埋没毛を処理する以外にも無駄毛が生えにくくなるので自己処理に割く手間を省くことができます。

その上、埋没毛だけでなく毛嚢炎や色素沈着を治療することができるので、肌を綺麗な状態に導くことが可能となります。

さらに、クリニックで脱毛を受ける場合は、必ず肌を保湿してから行う上に、施術後も保湿するので肌のトラブルに悩まされる恐れがありません。