脱毛するとワキガになることはない!ただし臭いがきつくなる可能性あり

脱毛をするとワキガになる?

ワキガが気になる女性
「脱毛をするとワキガになる」という意見と「脱毛をするとワキガが治る」という意見が真っ二つで、一体どっちが本当なんだと困惑する人も多いでしょう。これは一部正解であり、しかし正しくはないのです。ワキガと脱毛の関係についてご紹介しましょう。

ワキガの原因は汗に集まる雑菌です。この雑菌がアポクリン腺という場所から出る汗を分解して、くさ〜いワキガの臭いを発生させるのです。アポクリン腺が少ない人は汗はそれほど臭くはなく、アポクリン腺が多い人がワキガ臭に悩みます。このアポクリン腺の数は遺伝的なものなのです。つまりもともとワキガじゃない人が脱毛をしたからってワキガになることはありませんので、その点は安心してください。ではどうして脱毛してワキガになったと感じる人がいるのでしょうか。

脱毛でワキガは改善できる?

ワキガは脱毛をすると治ると言われているのは脱毛に効果があるからです。脇毛がフサフサで湿気をはらんでいるとそこに雑菌が沸きやすく、脱毛をすることで改善して、ワキガの臭いが少しマシになるのです。しかしそういう人ばかりではなく、毛が無くなってしまったために汗が垂れてしまって、ワキガの臭いがきつくなったと思ってしまう人も中にはいます。つまり脱毛のせいでワキガになったのではなく、元々ワキガで臭いがきつくなったという人がいるのです。

ワキガの人が全員、脱毛をすればワキがの臭いがしなくなるわけではありません。脱毛をする前にそれを理解しておいてくださいね。